忍者ブログ
【ひっそり生きよう こっそり晒そう】 をモットーに、凹んだり凸ったりする様を晒していくブログです。
24 . October
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 . January
新年だし目標でも立ててみましょう(今更
毎月、読んだ本を紹介する記事を書こうと思うのです。
最低でも月に1冊!あ、漫画は抜きでw

と、いうことで滑り込みセーフな1月の記事は此方。

【著作】 中村文則 
【出版】 河出書房新社
【表題】 掏模(スリ)

【内容(帯より抜粋)】
「お前は、運命を信じるか?」
東京を仕事場にする天才スリ師。彼のターゲットはわかりやすい裕福者たち。
ある日、彼は「最悪の男」と再開する。
男の名は木崎――かつて一度だけ、仕事を共にしたこのある、闇社会に生きる男。
木崎はある仕事を依頼してきた。
「これから三つの仕事をこなせ。失敗すればお前を殺す。
もし逃げれば・・・最近、お前が親しくしている子どもを殺す」
その瞬間、木崎は彼にとって、絶対的な運命の支配者となった。


以前日記にも書いた欲しかった1冊です ようやく買った(笑
以下、素人の感想なのであまり怒らないでねっ






内容はもう帯の通りです。まんまです。

主人公はスリ師。
裕福層を狙ってスリを働く一方、母親に万引きを強要されている子どもに手を差し伸べたり、一見「実は悪い人じゃないよ!」と思わせる主人公です。
文章中には(あまり)彼の名前が出てきません。本名は隠しているので「僕」ですね。
ですが、「僕」は一瞬のスリを楽しんでいる面もあり、やっぱり悪い方面の人。
だけど・・・だけど応援したくなっちゃうんだよね(笑)・・・あ、また人物もえな感想になってた。自重。
まあ、「反社会的な存在に好意を抱く」のは、著者さんだけじゃなくて人間皆そうなんじゃない?と思うよ(笑
なんとなく格好良いと思っちゃうんだよ、きっと。

んで、再会する「絶対悪」の木崎。コイツには好意は抱けない(笑)
粋な悪は好意も持ち合わせるけど、純粋な悪っていうのは恐ろしいもの以外何ものでもない
だけどこの木崎は純粋な悪を愛してるし自分はそうだと理解してる
そんな人間に「僕」の運命は握られちゃうわけです。
失敗すればお前を殺す。逃げたら子どもを殺す。超古典的だけど究極だねっ
その状況下で「僕」は三つの仕事に挑むわけだ。
その結果は・・・ぜひ読んでみてください。
ムゲツ的にはやっぱりな、って感じでした(笑)でもキライじゃないなっ

これ読んで真っ先に思うのは・・・もし自分の選択が誰かによって選ばされていたものだったら、ってね(笑
まあ鳥肌が立つわ、な・・・
その存在に気付いた瞬間、次の選択肢は選べないよね もう死ぬしかなくね?
だってもう自分は自分じゃないんだもの
「僕」はそれに抗いつつも結局選ばされている

予想以上にさらっと読めます。わかり易い。
比喩過ぎない適確な表現とか好きです。映像がぽんぽん頭の中に浮かんでくる。
これ映像化してほしいなー、って思ったけど・・・役者さんによってはコケそうだな(笑


そんな感じでしたっ 以上!

拍手

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Profire
HN:
ムゲツ
性別:
非公開
自己紹介:
ラルクとニコ動と猫と文章が好きな眼鏡。
現在マインクラフトハマり中。
無言で配信したりしてるよ。

【好き】
ラルクは神様です。
音楽/雑食 ラウドロック系かなり好き
ニコ動/ボカロ・実況・やってみた
小説/サスペンス・ミステリ・ラノベ少々
マンガ/雑食少々
【嫌い】
たべもの/なまもの(果物・野菜含む)
虫/全般
Ust
Twitter
By: TwitterButtons.com
By TwitterButtons.com
About
凹凸ムゲツ*はリンクフリーです。
ご報告頂けたらとても喜びます。

URL
http://nonmoon1106.blog. shinobi.jp/
バナーURL
http://project-creation.com/img/banner_nonnmoon.gif

本館 *asteroid

※腐あります注意※

作詞などメモ板は>>こちら
no music no life.
ユーチューブで音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE
Analysis
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]